ウィメンズ・ジャズ・フェスティバル

2018 - 2022


各フライヤー画像をクリックすると、それぞれのページに移動します。


ウィメンズジャズフェスティバルについて

 

ウィメンズ・ジャズ・フェスティバルは、2018年に世田谷で生まれました。

 

ジャズに詳しい方も、初めてという方も楽しめるようにと立ち上げたジャズフェス第1回は、休日の午後、大人も子どももジャズを気軽に楽しむご近所感覚のイベントになりました。なかには親子3世代で参加された方も。

 

「ジャズって素敵かもー、どの曲も面白くて楽しくて、びっくりしつつ聞くことができました。」

 

「日々の疲れが和らいでいくようでした。」

 

「演奏者のそれぞれの個性が素晴らしい。」など、

 

嬉しい感想をたくさんいただいています。

 

また、「客席から熱心に拍手しているのが男性なのもよかった。」という感想もありました。

「ジャズは、ソロプレイごとに拍手するという暗黙のルールはなかなかわからないので」。

 

そうなんです。

ジャズを聴き慣れた方、参加ミュージシャンのファンの方達の参加が会場を大いに盛り上げます。

 

敷居の高い難しい音楽、夜にクラブやライブハウスで聴く大人の音楽、といったイメージのジャズでしたが、実は、国籍や人種、性別、世代を超えて誰もが楽しめる自由で楽しい音楽。

 

仕事や家事、育児等で忙しい方、普段コンサートになかなか出かけられない方たちが気軽に参加できる音楽のお祭りが、このウィメンズ・ジャズ・フェスティバルです。

 

自由にのびのびと、楽しんで演奏するミュージシャン達のステージは、そこに集う人たちの想像力&創造力を引き出すようなパワーがあり、聴く人に元気を与えてくれます。それぞれの音楽家たちの個性や魅力、ジャズが持つアーティスティックな面白さにも注目してご紹介していきます。

 

誰もが楽しめる、ライブ感満載のウィメンズ・ジャズ・フェスティバル、これからもどうぞご注目ください。

 

 

ウィメンズ・ジャズ・フェスティバル実行委員会

代表 壷井浩子