Women's Jazz 「女子ジャズ」 2019

 

女子ジャズ2019 ライブ編、終了しました。

女子ジャズは楽しい♪ というご感想があちこちから届いています。

来年もまたご一緒できますように!

 

たくさんの写真と簡単なご報告はこちらからご覧いただけます。

ライブ@下北沢

ライブ@六本木

 

今後も随時新しいニュースをアップしていきます。

「女子ジャズ2020」

どうぞご注目ください。

 

 


By Women, For Women, For Everyone...

 

 2018年、世田谷で新しいジャズフェスが生まれました。

 

女性(& その仲間たち)による、女性(& みんな)のための、Women's Jazz Festival「女子ジャズ」です。

 

ジャズの歴史が100年とちょっと、女性演奏家が増えてきたのは最近です。

プロのアーティストとして生きる道を選んだ彼女たちは、

前例のない中それぞれに自分の音楽を模索し、作りあげてきました。

様々な楽器を手に、あるいはシンガーとして、

ソロで、あるいはバンドリーダーとして活躍する女性演奏家たちは今、

まちがいなく日本のライブシーンを、多様で豊かに面白くしています。

 

そんな女性演奏家たちにスポットをあてる、「せたがやウィメンズ・ジャズ・フェスティバル」

第1回は、プレイベントも含めると0歳から80代までが参加、

ジャズの裾野を広げるイベントとして注目されました。

 

今年は「女子ジャズ 2019」として、7月に下北沢音楽祭に参加、

11月には都内2か所でライブ編を開催しました。

 

 




11/24(日) 下北沢アレイホール

 

女性シンガー、コーラス & ピアノトリオでスタンダードナンバーを中心に、ウキウキのセッションを繰り広げます。

アレイホール の温もりのある空間で、くつろいでお楽しみください。

 

山口県初の女性杜氏(新谷酒造)が醸す大吟醸「燕子花(かきつばた)」の試飲コーナーもあります。

昨年に続く、女子ジャズと新谷酒造のコラボレーション、日本酒プロデューサー上杉孝久さんのご協力で実現しました。


11/30(土)六本木クラップス

ピアノ、フルート、サックス、ヴァイオリン、ヴィブラフォン、異なる楽器の5人の女性ミュージシャンが、昨年に続いて参加決定!

ベースとドラムスに最強の二人を迎えて、ピアノトリオとのフィーチャー演奏、何が起こるかわからない全員演奏、普段は個々に活躍しているメンバーですから一期一会、ぜひお聴き逃しなく。

六本木クラップスは、お食事も楽しめるライブレストランです。土曜日のランチタイム、親しい方とご一緒に、またはお一人でも、どうぞ気軽にお出かけください。